丸藤正道のタトゥー画像【辞任の理由や現在の取締役は誰】

こんにちは管理人のDJノブリンです。
プロレスリングノアのエース的存在の丸藤正道選手
イケメンレスラーとしても人気を集めていますが
取締役だった筈が辞任していたと言う情報が?
更にタトゥーの噂も?タトゥー画像も踏まえて
調査していきたいと思います。

スポンサーリンク

丸藤正道のタトゥー画像は?





プロレスファンなら誰もが認める天才プロレスラー
故人、三沢光晴選手が全日本プロレスから独立し
旗揚げした新団体プロレスリングノア
別名『ノアの方舟』とも呼ばれています。



新団体プロレスリングノアには
全日本プロレスの四天王と呼ばれた
田上明選手、小橋健太選手を始め秋山準選手
高山善廣選手に加え丸藤正道選手もその1人として
全日本プロレスから新団体プロレスリングノアへ
移籍しました。



今や新日本プロレス、全日本プロレスに次ぐ
メジャー3団体の一角として有名な団体へ成長
其れも故人、三沢光晴選手を始めとする選手個人の
頑張りがあってこそだと感じます。



その中で、ジュニアの申し子として期待されていた
丸藤正道選手は唯一メジャー3団体のジュニア王者
すべて獲得するただ1人のプロレスラーです。
【全日本プロレス】
第27代世界ジュニアヘビー級王座
【新日本プロレス】
第59代IWGPジュニアヘビー級王座
【プロレスリングノア】
第3代GHCジュニアヘビー級王座



2006年に当時タッグを組みライバル関係でもあった
KENTA選手に王座戦に敗北を喫した後にジュニアから
身を引きヘビー級参戦



ジュニアからヘビー級に参戦すると言うのは
プロレスファンなら誰もがご存知だと思いますが
どれだけ大変か?



ジュニア選手がヘビー級の王座に君臨すること自体
無謀な挑戦とも言えるのです。新日本プロレスで
活躍する獣神サンダー・ライガー選手でさえ
ヘビー級王座には辿り着けませんでした。



しかし、丸藤正道選手はヘビー級転身後
僅か9ヶ月でGHCヘビー級王座を獲得
創立以来史上初のGHC全王座獲得
ヘビー・ジュニア・タッグ・ジュニアタッグ・ハードコア
を達成するという快挙を成し遂げました。



方舟の継承者
空飛ぶ天才児
リング上の彗星
ジュニアの天才
三沢光晴の宝



華麗なまでの功績から上記記載のニックネームが
付けられ紛れもなくプロレスリングノアの
絶対的エースに上り詰めました。

スポンサーリンク


そんな丸藤正道選手について調査したところ
タトゥーの噂が広まっているそうです!
あれ?丸藤正道選手にタトゥーなんて
ありましたかね?



確かにネットで丸藤正道選手を検索すると
下の画像の様に『タトゥー』と言うキーワードを
見つける事が出来ました。







果たしてどんなタトゥーが丸藤正道選手の身体に
刻まれているのか調査していきましょう。



調査結果
『不知火』や『虎王』の技を得意とし
キレのある動きが特徴の丸藤正道選手
プロレスファンの中でも団体を問わず
人気を集めている丸藤正道選手の身体に
刻まれているタトゥーの画像がこちら



丸藤正道のタトゥー画像


皆さんのご想像にお任せしますが
丸藤正道選手のタトゥー画像はありました。
しかしながらコレをタトゥーと呼べるのか?
明らかにペイントです。



最近の試合でも確認しましたが丸藤正道選手に
タトゥーは存在しませんでした。

辞任の理由は何?





故人、三沢光晴選手が創設した新団体
プロレスリングノアは三沢光晴選手の後釜として
田上明選手が社長を務める事となり
副社長に小橋健太選手が就任し新たな船出きった



その後2011年10月に6日に小橋建太選手が
任期満了につき取締役副社長を退任
新たに就任されたのが取締役選手会長として
杉浦貴選手が新任
その他の役員がこの様な形となりました。



代表取締役社長 田上明(再任)
取締役副社長 丸藤正道(再任)
常務取締役 早川久夫(再任)
取締役興行部長 三井政司(再任)
取締役 森嶋猛(再任)
取締役選手会長 杉浦貴(新任)
監査役 浅野隆司(再任)



取締役副社長に任免された丸藤正道選手でしたが
度重なる経営不振と所属選手の離脱により報酬減額
其れが大きな理由と考えられ丸藤正道選手は
辞任を発表されました。

丸藤正道・杉浦貴が今年1月に取締役を辞任していたとのこと。ノアは昨年10月に役員・本部長、部長、所属選手それぞれが50%、30%、20%の報酬減額となることを通知した。辞任はこれに連動したものと思われる(役員だと減額割合が大きい)が、“たった1人の役員”田上明社長の破産危機もあわせて伝えられている。

秋山準選手を始めとするプロレスリングノアの
中心選手が団体を去り全日本プロレスへ移籍
更にKENTA選手もアメリカ最高位である
WWEへ移籍し渡米!



中心選手が居なくなった以上
鈴木みのる選手の様なヒール軍団であるフリー選手を
呼ぶ事で何とか間に合っているが
現在も厳しい状態が続いています。



丸藤正道選手の活躍次第でプロレスリングノアは
更なる高みへ上り詰める事が出来ると考えられる
だけに今後の活躍に期待したいですね!
因みに現在の取締役副社長は空白状態です。

まとめ





プロレスリングノアの絶対的エース
丸藤正道選手のタトゥーについて
調査してみました。



タトゥーではなくペイントを左腕にしていたので
タトゥーと間違えられたみたいですね
丸藤正道さんがペイントをする事は殆どないので
珍しい貴重なシーンでした。

スポンサーリンク

関連記事はこちら

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ