RENAの失神したまとめ動画!下からのアングルにマジギレと話題

こんにちは管理人のDJノブリンです。
『ツヨカワ女子』で一躍有名となった格闘家のRENA選手が朝倉カンナ選手との試合で失神負けした試合でのカメラアングルに対して怒りを表しています。怒りの内容について失神した試合についてまとめてみました。

スポンサーリンク

今宵の注目ネタは此方☟

  • 失神負けの試合内容
  • カメラアングルについて
  • 怒りの理由


プロフィール

プロフィール

【名前】 RENA
【本名】久保田 玲奈
【生年月日】1991年6月29日
【年齢】26歳
【職業】格闘家
【出身地】大阪府
【階級】フライ級
【スタイル】シュートボクシング
【身長】160センチ
【体重】50キロ
【スリーサイズ】残念!非公開(● ˃̶͈̀ロ˂̶͈́)੭ꠥ⁾⁾
【カップ】 C〜D
【経歴】
女子シュートボクシングの祭典Girls S-cupのトーナメントで4度の優勝と圧倒的強さから『 絶対王者 』の異名を持つ。立ち技最強を我が物した彼女は大晦日格闘技イベント『RIZIN』に出場し初の総合格闘技の世界で寝技で1本勝ちを収めるなど寝技での強さも証明。今や『RIZIN』の顔としても注目されている。

RENAの此れまでの成績は此方。⬇︎
キックボクシング
41戦35勝5敗
総合格闘技
5戦5勝

【タイトル】
Girls S-cup 2009 優勝
Girls S-cup 2010 優勝
Girls S-cup 2012 優勝
Girls S-cup 2014 優勝
初代RISE QUEEN王座
初代SB世界女子フライ級王座

参照 Wikipedia

スポンサーリンク

RENAが失神した動画にマジギレ?

2017年12月31日大晦日の格闘技イベント『RIZIN』女子スーパーアトム級トーナメント決勝の舞台。対戦相手は次世代のエース候補の呼び声高い朝倉カンナ選手。入場時から着物姿で登場。


いつものエイジアエンジニア『絶対負けない』の前に和楽器バンドの『千本桜』をアレンジ調で流し入場を鮮やかに飾るなど会場を沸かせた。2015年大晦日で総合デビューを飾ってから6戦無敗『RIZIN』無敗女王のRENA選手の為のトーナメント大会と言われていただけに結果は敗北


アントニオ猪木さんが現役時代から使用していた腕で相手の喉元を絞め呼吸困難に陥る危険な締め技のチョークスリーパーを朝倉カンナ選手が寝技の攻勢から上手くRENA選手の喉元に手を潜らせ最後までギブアップする事は無かったが失神によるTKOにてRENA選手に初黒星を献上すると共に初代女王へ上り詰めました。


誰もが衝撃の展開を目の当たりにする事となったRENA選手の失神負けの映像はメディアを始めYouTubeなどでも幾度となく放送されていた事に対して、失神負けを喫したRENA選手がマジギレしたと今話題となっております。☟

 倒れたRENAを下から映したアングルだったことにも「下からとか撮る!?女の子。一応女の子やで」とボヤキ。進行を務める同局の永島優美アナウンサー(26)が「すみません。何度も(映像を)出してしまって」と番組を代表して謝罪していた。

引用 スポニチ

失神負けのまとめ!アングルにマジギレの理由とは?

RENA選手が朝倉カンナ選手にチョークスリーパーホールドの末に失神負けを喫した試合動画についてマジギレした内容をまとめてみまさた。


問題となっている試合は、2017年12月31日大晦日に行われたRIZIN主催の女子スーパーアトム級トーナメントの決勝。ルールは寝技ありのMMAルールに基づき行われました。

総合格闘技(そうごうかくとうぎ)は、打撃(パンチ、キック)、投げ技、固技(抑込技、関節技、絞め技)などの様々な攻撃法を駆使して勝敗を競う格闘技の一つである。略して「総合」と呼ばれることもある。英語では「混合格闘技」を意味する「Mixed Martial Arts」、略称は「MMA」と呼ばれる


出典 Yahoo画像


対戦相手は立ち技最強である那須川天心選手との交際が明らかとなった現チャンピオンの朝倉カンナ選手。一時はRENA選手に憧れシュートボクシングの道へ進む事を悩むも、幼き頃から始めていたレスリングを活かす為に総合格闘技の道へ!


17歳でデビュー戦を飾り修斗、パンクラス、DEEP JEWELSなどのリングで活躍。『女子高生ファイター』の異名を持ち話題となっていました。そして、女子スーパーアトム級トーナメントに選出され憧れのRENA選手が待つ決勝の舞台へ勝ち進んでいきます。運命の決勝では出刃表を覆し見事勝利で初代女王に輝きました。


RENA選手に至っては、シュートボクシングのチャンピオン。『関節技が怖い』と以前話していたもののRIZINで初めて総合格闘技の舞台に立ち失神負けを喫するまでは無敗女王として絶対的活躍と不動の人気を集めていました。


そんな彼女の屈辱と言える失神負け!誰もが見たくなかった悲しい現実!幾度となく放送される失神負けのシーンに対してRENA選手の堪忍袋が爆発カメラマンに対してカメラアングル角度の悪さに怒りを表したのです。


最強を我が物にしてきたRENA選手とは言えども1人の女性です。鼻の穴や失神して飛んでしまった目など他にもあわや写っちゃった的なシーンをカメラマンが狙ったであろうアングル。


見てる側としては嬉しい瞬間も本人としては失礼と言えるカメラマンの行動。其のシーンだけがYouTubeなどで抜粋して流れている事を考えればマジギレしても何の不思議もありませんね。此方が失神負けを喫したRENA選手の試合動画です。是非アングルに注目してご覧下さい。彼女の怒りの理由が分かることでしょう。☟




RENAの怒りに世間の声が話題?

失神負けのシーンに対して怒りを表したRENA選手について
ファンも同じ反応を示しておりました。☟


☞ファンとしてはお宝映像も可哀想
☞アングルが酷い明らかにカメラマンの悪意を感じる


まとめ

今宵はRENA選手の失神負けの動画のまとめについて話題の真相に迫ってみました。最後に注目ネタの調査まとめをご紹介します。☟

失神負けのシーンのアングルが悪かった。

カメラマンの悪意のあるアングルにRENA選手がマジギレ

以上が今宵の調査まとめになります。また、再戦も決まっているので汚名返上の勝利を期待したいですね☟



最後のまとめとして失神した現在のRENA選手の心境を表したコメントが此方です。☟

「MMAの厳しさ、難しさを教えてもらった、学んだ試合でした。(敗因について)準決勝は右で倒せて乗ったパンチも打てたのでいけるという感覚があった。決勝でも戦っているうちにいけるなって思ってしまった。そこから展開がおかしくなった。それがMMAの厳しさだと思う」

「(チョークが)来るなとは思っていたんですが、反応がちょっと遅かった。変な自信でいけると思ってしまったので、それが隙でした、甘かった。(バックを取られた時の)練習はしていましたし、立って打撃と思っていました。油断していたのはあります。調子に乗ったのがよくなかった。いつも練習では(対応が)出来ていたんですが、試合と練習は違う」

(タップしなかった理由は)「絶対に負けたくなかったので。逃げられると思っていたし。初めて落ちたけど楽しい夢を見ていました。気付いたらみんなが周りにいてなんなんだこれは、と思いました」

「悔しいけれども、MMA(総合格闘技)はまだまだ始めて2年。まだ2歳なので私のストーリーが面白くなるのはここからです。負けるのが久しぶりすぎて、周りの人から腫れものに触るみたいに扱ってもらえるが全然大丈夫。出し切ったので、これで負けたら仕方ないと思っています。2年でここまでよくやったなと胸を張って言えると思う。2年でメイン、トーナメントの決勝まで行って。優勝できるまでは甘くなかったです。私の人生は負けてから始まるので。負けてニュースになるような女じゃないとダメだなって思います」

「せっかく(女子が)ここまで盛り上がったのに、最終的に一番になるのは私なので。(無敗だった)6年間がうまいこといきすぎていた。ここから私は始まる。リベンジしか考えていません。来年はRENAちゃんの大進撃が始まるので、みなさんお楽しみに」

スポンサーリンク

関連記事はこちら

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ