新日本プロレスの大量離脱!ニュースの真相から次は誰が離脱する?

こんにちは管理人のDJノブリンです。
プロレス界最大の危機とも言えるのが
選手の離脱による人気低迷ですが
果たして今の新日本プロレス所属の選手
この先果たして移籍問題等で新日本プロレスの
大量離脱が今後起きるのか?
調査していきたいと思います。

スポンサーリンク

新日本プロレスの大量離脱は止まらない?





プロレス業界で最も大きな存在であるのが
メジャー団体である3団体
新日本プロレス
全日本プロレス
プロレスリング・ノア



この3団体の存在が大きくあります。
其の中でも昔も今変わらずNo.1を走り続けているのが
アントニオ猪木さんが創設し立ち上げた
新日本プロレスである事は誰もが認めています。



しかしながら、業界No.1の新日本プロレスも
幾度となくプロレスの危機が訪れました。
そして、今後も危機が訪れる可能性は
極めて高いと言えます。



皆さんが思うプロレス最大の危機とは何ですか?
管理人が考えるに選手の離脱が1番大きいと
考えられます。



人気がない選手や目立たない選手は
活躍しないまま消えていく存在になる事は
仕方ありません!



しかし、プロレス団体にとって有力な選手が
他団体へ移籍してまったりフリーへ転向されたりしたら
会社的にも団体的にも苦しい時代となってしまいます。



新日本プロレスにも選手の離脱は過去に何度もあり
其の中でも大量離脱とも言える事態に陥った事も!



新日本プロレスのメジャーネームと言える存在であった
坂口征二、藤波辰爾、長州力、佐々木健介
そして闘魂三銃士の橋本真也、蝶野正洋、武藤敬司







新日本プロレスの黄金時代とも言える
ビックネームが揃い踏みしていました。



坂口征二は引退
長州力は一度は引退するも復帰
その後は新日本プロレスの現場監督に就任
しかしながら、2002年2月に武藤敬司を率いる小島聡、
ケンドーカシンらが全日本プロレスへ移籍する事態に!
大量離脱の責任を取らされ長州力は新日本プロレスを退団







橋本真也は、長州力が現場監督だった時代に
小川直也との世紀の一戦に敗れ引退を表明
ファンの後押しもあり引退を撤回した後に
新日本内に別組織『新日本プロレスリングZERO』
を計画していたが長州力らが反対!結果、解雇にり
プロレス団体ZERO-ONEを設立



藤波辰爾は西村修との無我ワールドプロレスリングを
旗揚げする為に新日本プロレスを退団



佐々木健介も師匠である長州力の下へ移籍後
決別しフリー転向の後に師弟関係であった
中嶋勝彦に敗れ引退となっています。







闘魂三銃士の最後の砦として残った
蝶野正洋は、自身の25周年を記念したパーティで
新日本プロレスを退団しフリー転向
黒のカリスマとも言われた蝶野正洋でさえ
新日本プロレスを退団してしまいました。



更には新日本プロレスの総帥とも言える
アントニオ猪木でさえ引退試合となった
東京ドームでのドンフライとの試合後も
オーナーとしてリングに上がっていましたが
いつの日か新日本プロレスから消え始め
新たに2007年に新団体IGFを立ち上げる事に!



新日本プロレス=アントニオ猪木
その方程式も遂に壊れ始めてしまった。



新日本プロレスの黄金時代を支えた名選手が
次々と大量離脱していく中で人気低迷とも
言われていたのも事実です。

今後も大量離脱はある?

スポンサーリンク

古い選手が消え新しい選手が新しい時代を
作るのは当然ですが、新日本プロレスに
あの黄金時代を超える時代が来るとは
到底思えません!



現在の新日本プロレスには
100年に1人の逸材とも言える棚橋弘至を始め
オカダカズチカ、真壁刀義、内藤哲也
柴田勝頼、後藤洋央紀など有力な選手が存在しています。


棚橋弘至が刺される【原仁美のタレント履歴や背中の傷がない?】



しかしながら、今後どの様な展開が彼らを
待ち受けているかは分かりません!



今は、内藤哲也が率いる
『ロス・インゴベルナブレス・デ・ハボン』が
新日本プロレスに新しい風を呼び起こし
黄金時代に蝶野正洋がnwoJAPANを結成し
暴れまくっていた時代を思い起こす様でした。



また、ケニーオメガ率いるバレットクラブ
オカダカズチカ率いるCHAOS
棚橋弘至、真壁刀義が率いる新日本隊
永田裕志、天山広吉が率いる第三世代


真壁刀義 vs 柴田勝頼の喧嘩マッチ【動画や2人の抗争の歴史】



他の4チームが良いバランスを保っているのも事実です。
しかし、元CHAOSで新日本プロレスの顔とも言える
存在であった中邑真輔やプリンスデビットが
揃って離脱を発表!







更には日本人魂の強いカールアンダーソンまでもが
離脱し中邑真輔と共にアメリカ最高峰WWEへ移籍



かつての黄金時代から姿を消した闘魂三銃士
佐々木健介、長州力などと同じ傾向に
今の新日本プロレスが進んでいるのも
間違いありません!



果たして今後の新日本プロレスで離脱者は続出するのか?
若手の海外遠征後にスターへ上り詰める傾向にある
選手がこの先存在するのか?



今の新日本プロレスで期待されている高橋広夢
現在はメキシコのCMLLでカマイタチとして
活躍中の彼が語る



ゴールデンタイムでIWGPのタイトルマッチをやる







かつてゴールデンタイムで放送されていたプロレスは
今は深夜枠へ追い出されてしまい
新日本プロレス以外は放送されていないのも事実



高橋広夢が語る様にゴールデンタイムで
プロレスがTV放送された瞬間こそ黄金時代の再来と
言えるのではないでしょうか?

新日本プロレスの大量離脱まとめ

新日本プロレスの選手の大量離脱は
黄金時代が去ると同時に起こり
その流れは現在も続いております。



オカダカズチカ、棚橋弘至、内藤哲也の
三代闘争とも言える現状がいつ壊れるか?
誰が離脱するのか?



この先の新日本プロレスがどの方向に向かうのか?
中邑真輔が居ない今こそ新たな風を引き起こした
内藤哲也に新日本プロレスをかき乱してほしいですね

スポンサーリンク

関連記事はこちら

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ