阿蘇山ライブカメラに噴火【NHK最新動画で現在の状況や大噴火予想】

こんにちは管理人のDJノブリンです。
2016年10月8日午前1時46分頃に熊本県にある阿蘇山が噴火しました。今尚も厳重警戒状態が続く現地では町の人々の不安の声があがっております。今回の噴火は1980年1月26日以来となる36年ぶりの大噴火となりました。噴火警戒レベル3まで引き上げに!そんな熊本県にある阿蘇山の噴火に関する最新情報や噴火のNHKライブカメラの動画に今後の見解などを調査していきたいと思います。

スポンサーリンク

阿蘇山36年ぶりの大噴火の凄さとは?




8日未明に起きた噴火が話題となっております。
噴火と聞くと何だか恐ろしく思えますよね!
阿蘇山の噴火について調査した所36年前以外にも
過去4回にわたり大噴火を起こしている事が分かりました。


更に驚く事におよそ9万年前の大噴火が歴史上2番目に
大きな大噴火となり被害が大きかったそうです。
火山名称で言う所のカルデラ噴火でした。
およそ9万年前に起きた大噴火は火砕流が海を越えて
長崎県や山口県まで覆う程の凄さだったそうです。


その時の大噴火により火山灰は北海道までも及んだ
との事!想像がつかない程の大噴火ですよね
熊本県から北海道までですよ?


今や観光名所となっておりますが過去4回の大噴火の
溶岩の流れから出来たのが高千穂峡です。


『世界で最も危険な火山』について調査したところ
4位に熊本県の阿蘇山が選出されている事が判明
因みに1位には映画の舞台としても多く使われている
硫黄島が選出されているのです。


硫黄島は数千年前に海底火山の活動により誕生した
山という話は有名ですが、1位に選出された理由が
マグマによる隆起が4年に1回と言う世界的にも稀な
ペースで珍しいとの事!更に小笠原諸島西方沖で
起きたマグニチュード8.1の地震の影響も大きく
今後引き継ぎ硫黄島周辺で大きな地震が起きた場合
カルデラ噴火の恐れがあると言われているからです。

1位:硫黄島(東京都小笠原村)
2位:アポヤケ山(ニカラグア)
3位:フレグレイ平野(イタリア)
4位:阿蘇山(熊本県)
5位:トランスメキシコ火山帯(メキシコ)
6位:アグン山(インドネシア)
7位:カメルーン山(カメルーン)
8位:タール山(フィリピン)
9位:マヨン山(フィリピン)
10位:ケルート山(インドネシア)

『世界で最も危険な火山』にも選出されている
阿蘇山ですが、今回起きた大噴火が36年ぶりとの事ですが
その規模が36年前よりも凄いとの話が出てきております。
深夜に起きた阿蘇山の噴火は過去に例のない
10000メートルにも及ぶ噴煙が確認されています。

大噴火の原因は?

スポンサーリンク

熊本県の阿蘇山の噴火については
『京都大学火山研究センター』の調べによると
阿蘇山の噴火は水蒸気爆発の可能性が高いとの話です。


水蒸気爆発とは、火山の地下水がマグマにより温められ
その結果沸騰が爆発する事を言います。
つまり、やかんに入った水がコンロの火によって
温められた事により沸騰すると蓋がカタカタと
音を立て始めますよね!


その流れをイメージして頂くと水蒸気噴火が
起こった原因が分かります。


他にもマグマ噴火とマグマ水蒸気噴火があります。
マグマ噴火については比較的多く起きやすく皆さんも
火山の噴火の中でも知られているのではないでしょうか。


【マグマ噴火】
マグマ噴火は地下深く存在している溶岩が地上に
上がってくる事により噴火が起きます。


【マグマ水蒸気噴火】
マグマ水蒸気噴火はその名の通り
マグマ噴火と水蒸気噴火が合体した噴火であり
最強とも言える噴火になります。

レベル3まで引き上げ⁉︎ 今後は?

深夜未明に起きた阿蘇山の大噴火により
当初レベル2から現在はレベル3まで引き上げられてます。
被害レベル3と言ってもピンと来ませんよね
被害レベルについてはご説明いたします。


噴火警戒レベルには5段階用意されております。
レベル5避難
レベル4避難準備
レベル3入山規制
レベル2火口周辺規制
レベル1活火山であることに留意





深夜未明に起きた阿蘇山の大噴火はレベル3
即ち入山規制がかかった状態と言えます。
今年の8月に起きた鹿児島にある桜島の
噴火被害レベルは4まで引き上げられました。


その後レベル3に下がるも現在もレベル3の状態が
続いている状態が続いております。


桜島の大噴火でさえ一次的な噴火警戒レベルが4まで
引き上げられその後現在までレベル3の状態が続いている
所を見るに今回の阿蘇山の大噴火もレベル3の状態が
継続し続ける可能性は高いと言えます。


更に今後の予想ではカルデラ噴火の可能性も
秘めていると言う話まで流れています。
現在は火山灰が凄く車を運転するにも
前が見えない状態で外を歩くにもマスクが必要不可欠
テレビやTwitterなどの投稿の画像からも分かります。


現在状態でさえ被災者の辛さが伝わってきますが
噂通りカルデラ噴火にでもなれば壊滅とも言える
被害になります。阿蘇山の噴火は記事の冒頭でも
ご紹介した通り過去に4回も壊滅的なカルデラ噴火を
起こしている事が調べにより分かっている以上無いとは言えません。

カルデラ噴火の可能性は本当にあるのか?

カルデラ噴火との噂が飛び交っていますが
今現在の状態ではカルデラ噴火の可能性が
あるかは分かっておりません。


しかしながら過去に4回ものカルデラ噴火を
何万年も前に起こしている事から考えるに
阿蘇山がカルデラ噴火になり得る可能性は
決して低くはありません。


即ちカルデラ噴火を起こした場合の被害状況は
誰にも予想できない程の事態に繋がります。
カルデラ噴火が今後起こり得る話なら
その力を最大限に発揮する鍵は地震と言えます。


熊本県沖で仮に大きな地震が起きた場合
阿蘇山の噴火は水蒸気噴火、マグマ噴火をも超える
最大級のカルデラ噴火となるでしょう。

現在の被害状況は?

阿蘇山の大噴火による最新の被害状況として
上空からの映像が届きました。その動画がこちらです。




下の画像は車に積もった火山灰の様子が見て取れます。





そして大噴火直後に起きた動画からも
噴火の凄さが分かります。

阿蘇山噴火のNHKライブカメラの情報は?

阿蘇山が噴火によりネット上でも最新情報が
飛び交っております。いち早く阿蘇山の噴火に関する
情報を入手するにはリアルタイムな情報が1番早いです。


火山活動のある山に関してはNHKライブカメラが
設置されていますので、NHKライブカメラを確認すれば
火山の噴火状況が把握する事が出来ます。


日本は別名『火の国』とも呼ばれている事から
全国に62個ものNHKライブカメラが設置されており
常に火山活動を監視することの出来るシステムと
なっております。


火山活動を監視できるNHKライブカメラは一般人の
我々でも確認することの出来るシステムとなっています。 何故に火山のNHKライブカメラが一般人向けに
公開されているのか?


その理由は火山を身近な存在である事の認識を
求めているからなのです。


2016年は桜島の噴火そして今宵発生した
阿蘇山の大噴火リアルタイムなNHKライブカメラで
最新情報を入手する事で安全な行動をとる事が出来ます。


更には予兆も確認する事が出来ますのでNHKライブカメラの
情報は必要不可欠です。
阿蘇山のNHKライブカメラの映像は下記にて
ご覧になれますので是非とも
今現在の阿蘇山の状況をNHKライブカメラで確認して
見て下さい。


【動画】阿蘇山NHKライブカメラから見る最新情報

まとめ

今後の情報には十分注意し被災者の皆様方も
慎重に行動して下さい。今後も引き続き阿蘇山の
被害状況と最新情報をお伝えしていきたいと思います。
最後にTwitterでの阿蘇山の噴火に関する最新情報をお届けします。






スポンサーリンク

関連記事はこちら

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ