iPhone7ホームボタンをカスタマイズ!設定方法や使い方は?

こんにちは管理人のDJノブリンです。
iPhone7が発売され大きな話題となっています。iPhone7で最も変わったと言われているホームボタンですが、今宵はホームボタンのカスタマイズ方法感圧式となった設定方法や使い方についても調査していきたいと思いま。

スポンサーリンク

iPhone7ホームボタンのカスタマイズ方法について!

 

iPhone7が発売されていますが
発売前に予約しても未だに手元に無いかたも
多いと思います。特に新色と言われている
ジェットブラックが人気を集め



現在入荷待ち状態が続いており
iPhone7plusに関しては
入荷が何時頃になるのかさえ
分からない状態とか⁉︎



iPhone7並びにジェットブラックの
入荷状況については関連記事にて
ご紹介させていただいております。
気になる方は覗いてみて下さい。



iPhone7ジェットブラックの入荷はソフトバンク予約で最短でいつ?



iPhone7は史上初の防水機能も搭載されています。
防水機能に関する記事も関連記事にて
ご紹介させていただいております。



iPhone7の防水はどこまで?お風呂でのカメラの性能はどの程度?

スポンサーリンク


更に1番の変化と思われるホームボタン
順来のiPhoneシリーズではホームボタンを
押すと『ポチっ』と音と共に凹む感じでしたが
今回の新作iPhone7ではホームボタンは
感圧式となっておりタッチ機能が搭載
されています。



感圧式となると疑問点が幾つかあります。
①機能性は大丈夫なのか?
②感度の違いにより誤作動が起きないのか?
③使用するのに違和感は無いのか?



この疑問を解消するのには
ホームボタンのカスタマイズ方法が重要視されます。
iPhone6やコレまでのiPhoneを使用していた方に
とっては凹むボタン式が好ましいと思いますし
使い易さで言えば順来のボタン式の方が
慣れていて使いやすいとは感じます。



人それぞれ感度の違いはあります。
その様な誤作動起こさない為にも
iPhone7では最初の段階でホームボタンの
カスタマイズをする事が大事です。



其れではホームボタンのカスタマイズ方法について
ご紹介していきたいと思います。



ホームボタン カスタマイズ方法
ホームボタンのカスタマイズ方法は
まず購入時の初期設定で行います。
下記の画像の手順通りに行ってください。
まずは『開始』ボタンをタップしていただいた後に
①②③の順番で3回タップ
して
自分自身の感圧をiPhone7に登録します。
操作はコレだけです。







初期設定後でもホームボタンのカスタマイズが出来る?

続きまして誤作動時にどう対処するのか?
その疑問に関しての対処方法をご紹介します。
基本は初期設定で感圧を設定してしまえば
問題は無いのですが万が一感圧が鈍ったり
誤作動がおきてしまい上手くホームボタンが
使えない可能性も考えられます。



その時に用に初期設定後でも設定で
ホームボタンをカスタマイズする事が
出来ます。その方法についてご紹介致します。



下の画像の様にiPhoneのホーム画面にある
設定のアイコンから入り
『一般』 ⇨ 『ホームボタン』の順番
進むと初期設定時に行ったホームボタンの
感圧設定の画面に進みホームボタンを
カスタマイズする事が可能となります。







iPhone7ホームボタンの使い方

iPhone7のホームボタンの使い方ですが
順来のiPhoneのホームボタンと使い方は
基本一緒ですが、今回ご紹介した通り
iPhone7のホームボタンは
新しくTaptic Engine(タプティックエンジン)を
搭載していますので、ボタン式ではなく感圧式に



ボタンに指を押し当てると振動します。
iPhone7を初めて触る人はまるで
物理ボタンを押したような感覚で
慣れるまで少し時間が掛かりますが
慣れてしまえば使用感は全く感じず
使い勝手も宜しいかと思われます。


スクリーンショット
スクリーンショット方法も順来通り
電源ボタンとホームボタンを押す事で
スクリーンショットが撮れます。


電源の落とし方
電源の落とし方はiPhone7では少し異なります。
今までは電源ボタンとホームボタンでしたが
iPhone7はボリュームボタンと電源ボタンを押す
事で電源をシャットダウン出来ます。

まとめ

iPhone7のホームボタンのカスタマイズ方法や
初期設定後の再設定など詳しくご紹介
させて頂きました。この方法を用いて是非
ホームボタンをカスタマイズしiPhone7を
攻略してしまいましょう。

スポンサーリンク

関連記事はこちら

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ