iPhone7の防水はどこまで?お風呂でのカメラの性能はどの程度?

こんにちは管理人のDJノブリンです。
iPhone7の予約が開始されました。皆さんはご予約できましたか?そんな話題の最新機種iPhone7についてご紹介します。今宵ご紹介するのは防水機能完備となったiPhone7ですが、どこまでの水深程度まで大丈夫なのか?お風呂でも安心なのか?そんな疑問について調査してみました。

スポンサーリンク

iPhone7の防水機能はどこまで?




Appleが2016年9月8日に新作のiPhone7を発表し
大きな話題となっている事は皆さん
ご存知の事だと思います。


翌日の9月9日16時01分より予約が開始
世間は早くもiPhone7で賑わっています。


今回のiPhone7は最高傑作とも呼べる
多くの機能が搭載されています。
4Kカメラでの3D撮影を始め
Suicaやクレジット機能を搭載した電子マネー機能


画質音質共に進化したiPhone7ですが
1番優れた機能として注目されているのが
防水機能を搭載されている事です。


iPhone史上初となる防水機能
果たしてどこまで大丈夫なのか?
そんな不安も大きいのではないでしょうか?


iPhone7の防水について調査したところ
やはり皆さんも防水機能が気になる様ですね
下の画像の様にiPhone7の防水がどこまで大丈夫か?多く調べているのが分かります。





防水機能について調査したところ
防水の程度が知る事が出来るランクがあるそうです。


IPX5 雨に濡れても大丈夫
IPX7 お風呂の浅い所まで大丈夫
IPX8 お風呂の深い所まで大丈夫



問題のiPhone7はと言うと
主に3段階でランク付けされていますが
iPhone7は『IP67』を搭載されているそうです。
果たして『IP67』を意味するものとは?

 「IP」や「IPX」といった表示をスマホのスペック表などで見たことがある人も多いだろう。これはIPコードと呼ばれ、「IP」に続く3文字目の数字が「防塵性能(固形物に対する保護等級)」を、4番目の数字が「防水性能(水の侵入に対する保護等級)」を意味する。

つまり、今回の「IP67」でいえば「防塵性能は6級で、防水性能は7級ですよ」ということを表している。ちなみに「IPX」は、3文字目の防塵性能の表示を省く(テストをしていない)ときに使うもので、例えば「IPX7」なら「防水性能が7級である」ことだけを示している。

引用 Yahooニュース

Yahooニュースの説明によると
『IP67』は30分の浸水に耐えられる構造といえます。

iPhoneお風呂はどこまで大丈夫?




iPhone7の防水ランク『IP67』
30分の浸水に耐えられる構造ですが
お風呂でどこまで使用出来るのか?


『30分の浸水に耐えられるなら大丈夫!』などと
思いがちですが注意しなくてはならない点があります。


①薬用品による故障
其れは、シャンプーや化粧品と言った薬用品を
謝ってiPhone7にかけてしまった場合
故障の原因に繋がる可能性はあります。


②お風呂の温度による故障
お風呂の温度にも危険があります。
一般家庭のお風呂の温度は42度
暑い温度にiPhone7がどこまで耐えられのか?
正直疑問ですし未知数だと思います。


長く浸かってしまうと故障する可能性は
高いと言えますのでiPhone7をお風呂で使う際は
念のため温度にも注意は必要です。

スポンサーリンク

防水機能は衰える?

防水機能によりiPhone7を利用する人が
増えると予想されますが防水機能は
長年使えば使う程に衰えると考えられます。
携帯の寿命は2年程と言われていますので


即ちiPhone7の防水機能も2年ほど使用すれば
衰えてくる可能性は非常に高いと言えます。
更に水没による修理対象は有料との事なので


いくら防水機能とは言え雨に濡れた程度で
大丈夫と言う認識で使用する事をオススメします。

お風呂やプールでカメラは使えますか?

写真好きの方ならiPhonで水中写真が撮りたい
1度は思った方は多いのでは無いでしょうか?
防水機能が完備されているので
水中での撮影は出来ると思います。


注意点としましては
iPhone7の防水機能は30分が限度と
言われているので時間を決めて撮影をして下さい。


お風呂の様な熱い温度の中での撮影は
カメラに異常をもたらす原因になりかねませんので
管理人的にはオススメ出来ません。

まとめ

iPhone7の防水機能についてまとめてみました。
うっかり水やお風呂に落とす程度なら大丈夫ですが、水中撮影を目的であれば30分を限度と見て使用して下さい。

お風呂でiPhone7を使用する際は念の為
最新の注意を払い使用する事をオススメします。

スポンサーリンク

関連記事はこちら

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ