ブリーチが実写化映画は本当!キャストや内容はどこからどこまで?

こんにちは管理人のDJノブリンです。
人気漫画『BLEACH』(ブリーチ)が
最終回を迎え重大発表があるそうです。
内容は実写化映画である噂が?
本当か嘘か?ハリウッド版との噂も?
その真相に調査していきたいと思います。

スポンサーリンク

ブリーチが実写化映画は嘘?本当?


週刊少年ジャンプにて連載中の人気漫画
ブリーチが2016年8月10日発売の38号で
最終回を迎える事となりました。

最終回に伴い原作者から重大発表があると
報告がありました。

『重大発表』この文字から連想するに
実写化映画の匂いがプンプンしてきますね
ネット上では既に実写化映画の話題で
盛り上がっている反面

実写化映画が本当だとしたらと
色んな意見がコメントとして
書かれています。

賛成意見もあれば反対意見も多い
ブリーチの実写化映画
まだ重大発表の段階でありますが
おそらくブリーチの実写化映画は
本当
だと思われます。

その理由に同じく『重大発表』と題し
実写化映画が決定した人気漫画の『銀魂』
発行部数5000万部と言う
ワンピースの次に人気のある漫画として有名

そんな銀魂が俳優の小栗旬さんを主演に
主人公の坂田銀時役

ヒロインならぬゲロインとして
現役アイドルの橋本環奈さんが神楽役を
演じるなど大きな話題となっております。

実写化映画は銀魂だけでなく
『斉木楠雄のさいなん』
『ジョジョの奇妙な物語』
この2作品も『重大発表』と題し
実写化映画が決定しています。

以上の事からブリーチの実写化映画は
本当として間違いないのではないでしょうか?

スポンサーリンク

ハリウッド版の噂は本当?嘘?

ブリーチが長期連載の末
いよいよ最終回を迎える形となりました。
最終回を迎える日に重大発表があるそうで
実写化映画ではないかと言う話題で
ネット上は盛り上がっています。

実写化映画が本当か嘘か?
その理由は実写化映画が進んでいる事が
第1の理由として挙げられています。

『デスノート』 藤原竜也、松山ケンイチ 他
『るろうに検心』佐藤健、武井咲 他
『ルーキーズ』 市川隼人、桐谷健太 他
『バクマン』 神木隆之介、染谷将太

週刊少年ジャンプで連載された数々の
名作漫画が次々と実写化映画となり
その全てが大ヒットと言えます。

確かに色んな意見はありますが
殆どが酷評です。

漫画の世界を実写化すると言うのは
正直言って難しいでしょうね
漫画には漫画の世界がある訳で
其れを如何に実写化として
何処まで再現し表現できるのか?

どんなに良い作品を作ろうと
視聴者側のイメージに合わなければ
酷評しかありません。

今回ブリーチが実写化映画になる可能性が
高いと見られる中で!
実写化映画の舞台が日本ではなく
ハリウッド版の可能性が極めて高いと
されています。

人気漫画の実写化映画がハリウッド?
以前『ドラゴンボール』が
ハリウッド版として実写化映画された事が
ありました。

しかし、結果は予想通り大コケ(笑)
仮にブリーチがハリウッド版として
実写化映画されたとしたら
酷評そのものだと思われます。

ハリウッド版が本当か嘘か?
日本漫画は世界では凄まじい程の
人気を集めている事はご存知の事!

外国人が人気キャラクターの
コスプレをする人が多くいる事で
人気度で言うと日本を超えた存在として
世界各地で日本漫画は高評価されています。

即ち日本の人気漫画を実写化したいと思う
世界の映画監督は多くいるそうです。

そんな中でハリウッド版ブリーチを
持ちかけたのが海外ドラマ
『HEROES ヒーローズ』の
プローデュースしたマシ・オカ氏
持ちかけたとされているそうです。

果たしてブリーチの実写化は日本なのか?
其れともハリウッド映画として
実写化映画が実現するのか?
今後の情報が分かり
次第追記していきたいと思います。

キャストは?

ブリーチが実写化映画となれば
気になるのはやはりキャストですよね
しかしながら実写化映画の舞台が
日本制作なのか?
其れともハリウッド映画制作なのか?

其れによってキャストも色々と
変わってきてしまいます。
先程ご紹介した通り
ハリウッド版ブリーチとなりそうなだけに
キャストの予想が出来ません!

出来ることなら日本版で実写化して欲しいと
願いたいです。

キャスト情報が公開されたら
以後追記していきます。

追記

実写化映画『ブリーチ』の主演に若手実力派の福士蒼汰さんが決まりました。主人公・黒崎一護をどう演じるか?福士蒼汰ワールド全開で映画の楽しみが倍増しそうですね!

主人公の髪型がオレンジ色である事から福士蒼汰さんワイルドな髪型に髪色オレンジと言うマッチング姿がスクリーンで暴れまくります。

何処となく主人公に似てる感じもしますので、映画公開を楽しみに待ちたいと思います。

因みに映画公開は2年後の2018年です。

スポンサーリンク

関連記事はこちら

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ