本郷奏多『鋼の錬金術師』エンヴィー役の髪型や衣装は?似てる画像あり!

こんにちは管理人のDJノブリンです。

若手俳優の中でも演技力の上手さが際立っている本郷奏多さんですが

映画鋼の錬金術師エンヴィー役での出演が決定!原作漫画のキャラクターと似てるのか?起用理由髪型衣装などにも迫ってみたいと思います。

スポンサーリンク

本郷奏多とはいったいどんな人物なのか?

  • 名前 本郷 奏多
  • 生年月日 1990年11月15日
  • 年齢 25歳
  • 出身地 宮城県仙台市
  • 身長 174 cm
  • 体重 不明
  • 血液型 O型
  • 職業 俳優
  • デビュー 2002年

映画『リターナー』で俳優デビューを飾ると若干14歳と言う若さで映画『HINOKIO』主演に抜擢

子役時代から注目されてきた本郷奏多さんですが、名前がオシャレですよね!

芸名だと思い込んでいましたが、実際は『奏多』と言う名前は本名でした。

本郷奏多さんには、2歳年上の兄が居て兄が生まれる際に医者から『女の子だよ』と言われ考えた名前が『遥』

しかし、後に生まれたのが男の子だったが、そのまま『遥』と言う名前使い弟は『奏太』と思っていたが、お祖父さん画数が悪いと言う理由から今の名前が付けれたそうです。

音楽関係が好きでギターを趣味で弾いているそうです。映画『MOON CHILD』でL’Arc-en-CielのHYDEさんや歌手のGacktさんと共演し今では、メル友の仲だとか‼︎

少女漫画の鉄板作品とも言われ大人気コミックNANA』の実写版映画第二弾にシン役で出演を果たしベースも弾けるよう

テニスの腕前も上手い事から、大人気コミックテニスの王子様』主人公の越前リョーマを演じる事に!

こちらも大人気コミックのGANTZ-ガンツ』西丈一郎役にて出演

更に実写版進撃の巨人』アルミン役にて出演

スポンサーリンク

実写版映画に本郷奏多ありとまで言われています。過去には、大人気コミック『黒執事』連載から早くも実写版となった映画

主人公のシエル役は本郷奏多しかあり得ない』とキャスト発表前から話題に!

しかし、シエル役に選ばれたのは女優の剛力彩芽さんでした。予想外のキャストにネット上では批判の声が上がった話題の映画です。

剛力彩芽さんは完全にとばっちりを受けた様なもので可哀想でしたね当時は!

実写版映画『鋼の錬金術師』本郷奏多の演じるエンヴィーとは?


ご存知の通り本郷奏多さんは、実写版映画に数多く出演を果たしている実力派俳優

実写版映画には欠かせない人物とまで言われ、安定した活躍を見せています。

そんな本郷奏多さんが、またしても実写版映画の出演が決定!

『月刊少年ガンガン』にて連載されていた大人気漫画『鋼の錬金術師』通称ハガネン

映画やゲームにもなり、子供から大人まで幅広い年齢層から愛された人気高い連載漫画『鋼の錬金術師』が、いよいよ実写版としてスクリーンに帰ってきます。

原作漫画を実写版にする事自体が、中々の難しい事であり何処まで再現出来るかの挑戦だと思います。

実写不可能と言われた原作漫画を次々と可能にしてきた日本の映画界が、またしても新たな挑戦に挑みます。

既にネット上では話題となっている映画を『鋼の錬金術師』本郷奏多さんがエンヴィー役として出演が決定

果たしてエンヴィーとはどんなキャラクターなのか?

『嫉妬』の名を持つ4番目に造られた人造人間で、左脚の太腿にウロボロスの紋章を持つ嫉妬に狂っているホムンクルス

不細工と言われた時には、手のつけようがないほど怒りが爆発

とにかくよく喋る!更に毒舌キャラのエンヴィー!性別不明な顔は中性的で身体は、少しだけ小柄なキャラクターである。

本郷奏多はキャラクターのエンヴィーに似てるのか?画像検証

映画『鋼の錬金術師』が遂に動き出しましたが、実写版映画と言えば本郷奏多さん

そんな彼が演じるエンヴィーと言うキャラクターですが、起用理由は何なのでしょうか?

原作漫画のキャラクターに似てるからと言う理由が1番だとは思いますが、ハマり役と全く違う場合とあります。

映画を見るまでは正直何とも言えませんが、エンヴィーと言うキャラクターの顔が中性的で身体が少しだけ小柄な点は、イメージ的には本郷奏多さんと合っているのではないでしょうか⁉︎

良く喋り毒舌キャラのエンヴィーですが、本郷奏多さんなら上手く演じてしまうでしょね

問題は原作漫画と本郷奏多さんが似ているかどうか?

そこで原作漫画『鋼の錬金術師』に登場するキャラクターのエンヴィーの画像をご紹介致しましょう。

性別不明のキャラクターですが、本当は女性だとしたらかなりセクシーな衣装ですね♡

個人的に美女の配役が良かったかな・・・

そんな事はさて置き!

エンヴィー衣装や長〜い髪形なんかどーするのでしょうかね?

本郷奏多さんがロン毛に⁈  このキャラクターの髪形は個性溢れる髪形だけに、実写版映画でどの様に再現するか注目ですね!

体型はキャラクターも本郷奏多さんもスリムな体型なので、その辺はハマり役でしょうね

本郷奏多さんのコメントで、エンヴィーの衣装を着たそうなんですが、『衣装がカッコ良く自分の体型に合っていて良かった』と話しているだけに、ますます楽しみになってきましたね♡

髪型が心配?

衣装や顔立ちは大丈夫だと思いますが、やはり問題なのが髪型です。

今まで役にてロン毛は初めて、尚且つ個性が溢れまくった髪形だけに心配

下の1枚目画像の髪型は、映画『GANTZ』での髪形です。

2二枚目の画像が映画『NANA2』でのシン役での髪型です。銀髪と言う個性が出た髪形 オシャレで尚且つ顔が幼い顔立ちなので、可愛い感じに仕上がっています。

3枚目の画像が映画『アカギ』こちらも銀髪で、スッキリまとめた髪型で、格好良さが出ています。

本郷奏多さんの髪型は基本ショートなので、ロングが中々想像できません!

いったいどんな感じになるのか不安と期待が交差します。


 

まとめ

原作不可能と言われた『鋼の錬金術師』がいよいよ実写版として登場するわけですが、本郷奏多さん演じるエンヴィーが、とんな感じになるのかすごく楽しみですね!

主演で主人公のエドを演じるのが、山田涼介さんですが彼が演じる主人公エドもどんな感じになるのか、こちらも凄く楽しみです。

スポンサーリンク

関連記事はこちら

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ